Pineider ピネイダー



 ピネイダーロゴ

「ピネイダー」はイタリアを代表する文具と革製品のブランドです。

 Pineider(ピネイダー)の誕生は237年前の1774年にさかのぼります。創業当初は手漉き紙職人たちの技術がフィレンツェにて評判となりますが、後にルネッサンスの金細工職人らの手彫り技術の活用から、緻密な石版印刷や銅板印刷が脚光を浴びます。贅沢な手漉き紙を用いたエレガントな浮彫りと金細工職人によって刻まれる紋章を刻印したピネイダーが作るレター用紙やビジネスカードが、ヨーロッパ全体の貴族階級に広まりました。かのナポレオンもPineiderに名刺を発注していました。フィレンツェの中心街シニョリーア広場の一角、ミケランジェロのダビデ像が立つ建物の向いの創業店舗は、多くの文化人たちが行き交った場所として歴史に刻まれています。  19世紀に入ってからは、卓越したフィレンツェの革職人を擁した最高級の革製バッグや小物の製造へと手を拡げていきます。当時のヨーロッパの旅行者はフィレンツェに憧れ、彼らの多くはそこでピネイダーの生みだす価値あるコレクションに恋したといいます。 直近2回のイタリアで行なわれたG8イタリアサミット(01年ジェノヴァ、09年ラクイラ)において、ピネイダーの革製書類鞄が各国首脳への記念品として贈呈されました。 皇帝ナポレオンの他には、スタンダール(小説家/仏)、ガブリエーレ・ダンヌンツィオ(作家/伊)、マリア・カラス(歌手/米)、エリザベス・テイラー(女優/米)、ヘンリー・フォード(実業家/米)、マレーネ・ディートリッヒ(女優/独)、ルキノ・ヴィスコンティ(映画監督/伊)などがピネイダーを愛用し続けました。